合宿免許と通学免許

私たちが、運転免許を取得するための方法として一般的なものが、公安委員会指定の自動車教習所を卒業し、運転免許センターで適性試験と学科試験を受験し、合格するという方法です。
合格すると、そこで即日で運転免許所が交付され、その日から公道で自動車を運転することができるようになります。

自動車教習所では、学科と実技を指導員が丁寧に指導してくれます。
公安委員会指定の自動車教習所であれば、実技試験を教習所で受けることが可能となっています。
実技試験は、普段から指導をしてくれる指導員が検定員を行い、乗り慣れた教習車、そして普段練習を繰り返していたコースが試験のコースとなります。
そのため、まじめに通い続ければ、ほぼ全員が教習所を無事に卒業することが可能となります。

自動車教習所は、全国各地に存在していますが、その自動車教習所によっても様々な種類のものがあります。
教習所に通う生徒が、より楽しく快適に通うことができるような工夫がなされていたり、憧れの高級車で教習ができたりするところもあります。

そんな自動車教習所の中でも、大きな違いがあるのが、「合宿免許」と「通学免許」と呼ばれるものです。
これらは、同様に自動車教習所を卒業するものではありますが、その過程や期間、メリット・デメリットが異なります。
では、合宿免許と通学免許では、どのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴について、そしてどのように免許取得方法を選べばいいのかということについてご紹介します。


■管理人特選サイト
合宿免許を行っている自動車教習所の総合情報サイトです > 合宿免許教習所